「米のしずく」と「アレルケア」どちらがおすすめ?両者を比較。

サプリで乳酸菌を補おう!

以前から乳酸菌はお腹の調子を整えてくれるとしてとても人気がありましたが、最近ではアレルギー症状に効果があったり、免疫機能を向上させたりと、さらなる効果のある乳酸菌も発見されていて、乳酸菌の力にますます期待が高まっています。

そんな素晴らしい力を持った乳酸菌ですが、通常の食生活では摂取しづらく、さらに特殊な力を持った乳酸菌となると通常の乳製品等からでは摂取ができません。そこで重要になるのが、サプリメントで補うことです。

それでは今回は、乳酸菌サプリの中でも人気の高い「米のしずく」「アレルケア」について、それぞれの特徴を見ながら比較してみたいと思います!

「米のしずく」の特徴

01.菊正宗の発酵技術
創業から350年の歴史を誇る菊正宗が、酒造りで培った発酵技術によって開発した米の乳酸菌発酵食品です。体のバランスを整える働きが期待できる特別な乳酸菌LK-117と、一般の米に比べてポリフェノールが約3倍食物繊維が約6倍含まれる米「ホシニシキ」が使われています。

02.乳酸菌「LK-117」
LK-117は、「生もと造り」から生まれた乳酸菌の中から、より体のバランスを整える働きが期待できるのものを選んでいった中で、最後に残った乳酸菌です。米のしずくは、こうして見つかったLK-117の力を活かしたいと開発されました。

03.100億個以上の乳酸菌
ホシニシキを米粉にした後に、乳酸菌LK-117を用いて自然の力でじっくり発酵させることで、1本あたり(タブレットは3粒あたり)に乳酸菌が100億個以上アミノ酸とペプチドは150mg以上含まれています。

04.27品目のアレルゲンフリー
デリケートなお子様のために、主成分はお米と乳酸菌だけで、表示対象27品目のアレルゲンフリーです。

05.価格
米のしずくにはドリンクタイプタブレットタイプがあり、お好みに合わせて選べます。まずはお試しで、ドリンクタイプ10日分かタブレットタイプ15日分のトライアルセットが、初回50%OFFの1,500円(税込)で購入できます。ドリンクタイプとタブレットタイプは乳酸菌の数は同じですが、ドリンクタイプには、米由来の成分が5倍多く含まれています。

「アレルケア」の特徴

01.「カルピス」研究由来の乳酸菌
近年注目されている乳酸菌「L-92」は、乳酸菌飲料でお馴染みの「カルピス」由来の長年の研究の中で、発酵乳の機能性解明や有用性のある乳酸菌の探索研究から発見されたカルピス社独自の乳酸菌です。

02.独自の「L-92乳酸菌」
L-92乳酸菌は、体の免疫機能を調整する力があり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を緩和したり、インフルエンザの感染予防効果も確認されています。

03.1日分2粒の中に20.7mg
L-92乳酸菌は乳酸菌の一種ですが、一般的な乳製品からは摂れない乳酸菌であるため、この力を現代人の健康に活かすために開発されたのがアレルケアです。研究に基づき、1日分の目安量2粒中に、L-92乳酸菌が20.7mg含まれています。

04.アレルギー物質28品目不使用
アレルケアは、アレルギー物質28品目が不使用で、乳アレルギーの方にも安心の製品になっています。

05.価格
アレルケアは、60粒入りの通常価格が2,100円(税込)ですが、定期お届けコースで申し込むと、60粒入り×2個セットが初回20%OFF3,360円(税込)で購入できます。また、2回目以降も10%OFFの3,780円(税込)になるので、お得に続けられます。

どちらがおすすめ?

「米のしずく」と「アレルケア」の大きな違いとしては、やはり含まれている乳酸菌の種類です。どちらも効果のある乳酸菌ですが、やはり乳酸菌の特徴として、人によって合う合わないがありますので、どちらがより自分に合っているのか、実際に使ってみるのが一番ですね。

また、もう一つの大きな違いとして、米のしずくドリンクタイプとタブレットタイプなのに対し、アレルケアそのまま噛むか、水などと一緒に飲む粒タイプのみです。タブレットタイプが苦手な方やお子さま、またはポリフェノールやペプチド、食物繊維、アミノ酸もしっかりと摂りたいという方は、米のしずくのドリンクタイプを選んでみるというのも良いと思います。


いかがだったでしょうか?少しでも気になった方は公式サイトも是非チェックしてみてくださいね!また、どちらの公式サイトにも愛用者の声が掲載されていますので、口コミが気になるという方も要チェックですよ♪

↓↓↓

<公式サイトはこちら>
米のしずく
アレルケア